伊藤デンタルオフィス インプラントセンター/杉並区インプラント,荻窪歯科,杉並区審美歯科,歯医者

お問合せ・ご相談
インプラント

前歯部の症例

インプラント例イメージ インプラント治療例イメージ

事故で前歯を失ってしまいました。

 

インプラント治療で隣の歯を削ることなく歯を作ることができました。


臼歯部の症例

インプラント術前 インプラント術後 インプラント術後4年

インプラント術前

インプラント術後

インプラント術後4年


大臼歯部の症例

インプラント治療例イメージ   インプラント治療例イメージ   インプラント治療例イメージ
インプラント治療例イメージ   インプラント治療例イメージ   インプラント治療例イメージ

左右下奥歯と左上奥歯が欠損しています。インプラント治療で奥歯でも食事することができるようになりました。見た目にも天然歯とわからないようにできています。

 

インプラント治療とは

インプラント治療とはインプラント治療とは、不慮の事故や歯周病などによって失ってしまった歯の部分に、人工の歯根(インプラント)を埋入し、人工の歯を取り付ける治療方法です。

あごの骨と人工歯根(インプラント)によって、しっかりと人工歯を支えることができるので、入れ歯のように違和感がなく、しっかりと噛むことができます。
また、入れ歯やブリッジとは異なり、周囲の健康な歯を傷めずに治療することができることもインプラント治療のメリットのひとつです。

インプラント治療は、天然歯のように生活できる治療として、「第2の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療の流れ

1.診査・診断

診査・診断インプラントを埋め込む顎の骨の量や質、形を診査するため、お口の中の型を取ります。
レントゲン撮影、また骨の状態によっては、CT撮影を行います。


2.一次手術

一次手術麻酔をしてから、骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。
1回法の手術の場合は大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了し、2次手術は行いません。

 

3.二次手術

二次手術2回法を選択した場合には、治癒期間終了後粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える2次手術を行います。1回法の場合には不要です。

 

 

4.仮歯の装着

仮歯の装着 治癒したところで、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
かみ合わせや強度に違和感があれば主治医と相談し、本歯の作成に向けてデータを集めていきます。

 

5.最終的な歯の装着

最終的な歯の装着仮歯の装着で得た情報を基に最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックして作成します。作成した本歯を装着し、治療が完了します。

 


杉並区 インプラント,クリニック情報
東京都杉並区天沼3-3-3 渋澤荻窪ビルディング2F