0120-469-117
診療時間
9:00~12:00/14:00~18:00
土曜:17:00まで
休診日
水曜、日曜/祝日
24時間WEB予約

精密根管治療 MICRO END

抜⻭と言われたその⻭
残せるかもしれません

精密根管治療とは

「根管」は歯の神経や血管を覆う管で、歯の中心部から歯の根まで伸びています。そのため、神経に感染が起こった場合は、根管を通して歯の根にも感染がおよびます。これを放置すると歯の根で炎症が起こって抜歯に至ることもあるので、根管内を洗浄する根管治療が必要となります。
しかし、根管は非常に細く形状も複雑なので、治療には高い精密さが要求されます。当院は、マイクロスコープという設備を導入しており、根管内を微細な部分まで目視しながら、感染部位を徹底して除去することができます。

精密根管治療の特徴

  • Point01

    マイクロスコープ

    マイクロスコープを使うと、治療対象部位を数十倍に拡大して見ることができます。そのため、細くて複雑なため肉眼で見ることが不可能な根管内部の感染除去に役立ち、再治療の予防に貢献します。

  • Point02

    ラバーダム

    根管治療中にお口の中の唾液が流れ込むと、唾液と一緒に細菌も根管に侵入します。それを防ぐために、当院ではラバーダムというゴムの膜で治療部位以外を覆ってから治療を進めています。

  • Point03

    専用の治療器具

    マイクロスコープ専用の治療器具は柄が長くできていて、その分作業距離を長く保てるようになっています。専用の器具はさまざまなメーカーから出されているものの中から選び抜いたものを使用しています。

  • Point04

    ニッケルチタンファイル

    「ファイル」は根管内の感染除去に使う針状の器具で、根管の形状に沿って屈曲する性能が求められます。当院は柔軟性が高いニッケルチタンファイルを使用することで、治療の精度を上げています。

  • Point05

    MTAセメント

    MTAセメントは、歯の神経を物理的に保護し、細菌感染を防ぐことにも役立ちます。生体親和性が高いので異物反応が起きにくいですし、歯を削る量も少なくできるなどメリットが豊富です。

精密根管治療のメリット・デメリット

  • Merit

    メリット

    • 抜⻭をすすめられた場合でも⻭を残せる可能性が生まれます
    • 精密な虫⻭治療のための再発防止に繋がります
    • 密着性の高い被せ物と組み合わせることで、噛む感触も天然⻭と近くなります
  • Demerit

    デメリット

    • 複数回に渡りご来院いただくことがあります
    • ⻭の根が複雑だった場合、治療が難しくなる恐れがあります
ページトップへ